たかなみんぐ旅れぽ

知らないことが多すぎる ●

2017.10.28-30 上海ディズニー 1日目:移動

今回、2泊3日で上海ディズニーに行ってきました。

スケジュール
10/28 KIX9:40→PVG11:25(中国東方航空MU730)
10/29 上海ディズニー&ディズニーホテル泊
10/30 PVG→KIX(中国東方航空)

なかなか飛ばない東方航空

朝、関空でチェックイン。日本航空の職員が対応していてスムーズに終わりました。
搭乗し、滑走路付近まで移動したもののエンジン不良で1時間近く待機。そして、、

f:id:takanaming:20180111145413j:plain:w200
絶妙な表情ですね…
降ろされました。
f:id:takanaming:20180111153414j:plain:w200
滑走路がすぐそこ
沖止めでもこんな至近距離はないし、とポジティブシンキングで頑張ります。
しばらく搭乗口で待たされた後、1000円分のミールクーポンが配られました。長期戦だなと思ってgoogleで調べてみると到着予定8:00pmという…。

14時半頃、中国国際航空に振替可能のアナウンスがありました。

kix16:00→PVG17:35(CA858)でようやく出発です。
CAよりMUのほうがシートピッチが広い気がします。

f:id:takanaming:20180111160301j:plain:w200
海上
simcity並みの人工都市という印象です。というか、中国第二の都市でもめちゃくちゃ土地余ってるんですね。

空港からタクシーで50分、外灘近くのホテルに宿泊しました。

f:id:takanaming:20180111160320j:plain:w200
メトロポロ
火鍋を食べたあと、外灘の夜景を見に行きました。
f:id:takanaming:20180112160244j:plain:w200
上海夜景。靄が、、
香港のほうが綺麗でした。

さて、いよいよ明日はディズニーに向かいます。

2017.10.21 新潟日本酒浴び旅行

今回は前から行きたいと思っていた新潟で日本酒飲んできました。
越乃shukura、ぽんしゅ館、そして回転寿司とひたすら日本酒飲みましたーーー

0日目、京都~富山まで

金曜日の夜、まずは京都駅からサンダーバードと新幹線を乗り継いで富山へ向かいます。
金夜のサンダーバード、ほぼ満席。

金沢駅では乗り換えに10分くらいあったので定番の写真を撮ります。

f:id:takanaming:20171023005447j:plain:w200
金沢駅のシンボル
頼まれて、ジャンプしてるカップルの写真撮ってたら時間ギリギリ。

金沢→富山なのでつるぎ乗りたかったですが、すぐ乗れるはくたかにしました。 

富山はアパホテル泊。

f:id:takanaming:20171023005739j:plain:w200
アパホテル富山
なぜかトリプルのめっちゃ広い部屋で最高でした。折り鶴なかったけど。

ホテルのエレベーターからは富山駅が望めます。

f:id:takanaming:20171023010700j:plain:w200
富山駅アパホテルより

富山~上越妙高3セクで旧北陸本線を行く

改装後の富山駅、はじめて来ました。路面電車がコンコースに乗り込んできててかっこいい。

3セクを乗り継いで上越妙高に向かいます。

f:id:takanaming:20171023011948j:plain:w200
泊からは気動車
そして、えちごツーデーパスを買うため糸魚川で降ります。
f:id:takanaming:20171023012049j:plain:w200
日本海
日本海に一番近い新幹線駅っていうよく分からんキャッチフレーズで売ってました。
f:id:takanaming:20171023012135j:plain:w200
日本海ひすいロード

上越妙高~越後湯沢、新潟県内を越乃shu*kura

直江津で乗り継いで上越妙高到着。2分で対面乗り換えを済ませ、あつい見送りを受けながら越乃shukura、出発です。

f:id:takanaming:20171023012242j:plain:w200
上越妙高駅員による見送り
車内ではジャズの生演奏がありました。
f:id:takanaming:20171023022027j:plain:w200
ジャズを聞きながら日本酒飲み比べ
5種類の日本酒がそれぞれ100~200円程度で買えます。
途中からは蔵元イベントとして日本酒の無料試飲もありました。こっちのほうが美味しかったっていう。

日本海に一番近い、でおなじみ青海川駅では5分停車します。

f:id:takanaming:20171023023613j:plain:w200
青海川駅
そして十日町駅に到着。着物美人が出迎えてくれました。めちゃくちゃ可愛かったしツーショット撮るの忘れたの残念すぎる。

十日町そばを食べたあと、越後湯沢に移動して日本酒風呂に入りました。普通の風呂にみえるけどすごく体があったまりました。

越後湯沢~新潟、現美新幹線に乗車

ここからは現美新幹線です。

f:id:takanaming:20171023024537j:plain:w200
現美新幹線
f:id:takanaming:20171023024547j:plain:w200
側面
片側には窓がなくて近未来感すごいです。
f:id:takanaming:20171023024554j:plain:w200
車内はこんな感じ
なかはこんな感じ。新幹線とは思えません。座席は少なくて機能性は皆無ですが。 40分で新潟着。ちゃんと青春時計のポスターがあって新潟来た感満載です。
f:id:takanaming:20171023024606j:plain:w200
青春時計

新潟駅、日本酒試飲と回転寿司

越後湯沢では時間がなかったので新潟駅のぽんしゅ館で試飲。ワイン風味の日本酒美味しかったです。

f:id:takanaming:20171023024612j:plain:w200
新潟駅のぽんしゅ館

夜は回転寿司へ。ちゃんと新潟限定の日本酒を4種類も置いててさすが日本酒王国でした。

そして最終の新幹線で東京に帰ります。

f:id:takanaming:20171109121559j:plain:w200
最終 東京行
東海道新幹線とは違って旅情があるからか、最終だからか分からないですけど「東京」の表示、鬼エモい。
新潟駅の外観とか途中駅も含めて駅の構造とか東北新幹線と同じ雰囲気で、どこか東海道とは違う。なんでですかね。

翌日、東海道新幹線が台風21号の影響で運休して京都に戻れなくなったのはご愛嬌ということで、、

いきたい場所

こんばんは。

この記事は旅行記ではないです。将来の旅行記になるかもしれませんが。

これから行きたいところを書き連ねていきます。

ここにあるスポットについてもしアイディア等あったら教えて頂きたいです。

 

国内

  • 新潟駅越後湯沢駅の日本酒バー、越乃shukura、現美新幹線
  • 秋田犬センター、こまち
  • 北海道バイク旅

海外

 

一生のうちに行けるのでしょうか。。

 

2017.08.20-25 タイ・カンボジア旅行~後編:カンボジア~

 

4日目:念願のアンコールワット

4日目はアンコール遺跡群の見学です。ビザと入場料がかなり高いので行く価値あるかな?と不安でしたが、行ってよかったと思います。

ゲストハウスの人に「アンコールワットの朝日が見たいよ」って言ったら、トゥクトゥクを用意してくれました。まさかの4時半起きですが。

f:id:takanaming:20170922212220j:plain

シルエットが美しい。

朝食を食べにゲストハウスにいったん戻り、一眠りして10時にふたたび出発です。

f:id:takanaming:20170922212600j:plain

「放置してたら自然にのみこまれた」がコンセプトのタ・プローム

f:id:takanaming:20170922212458j:plain

道の途中にある門も荘厳

f:id:takanaming:20170922212524j:plain

定番ルートは大体決まっているようで、近郊の遺跡をほぼ全部巡ってくれて満足です。でも歩き疲れた。。

夕方にゲストハウスに戻り、共有スペースでブラックジャックによろしくを読んで暇つぶし。カンボジアで読む医療漫画、深いですね。

20時くらいにゲストハウスを後にしますが、バスが23時に出発なのでパブストリートでブラブラ。

f:id:takanaming:20170922213133j:plain

最後はフルーツ盛り合わせでシェムリアップを締めくくります。奥のピータンみたいなやつがパッションフルーツですが、見た目に反して非常に美味しいです。機会があればまた食べたい。

f:id:takanaming:20170922213326j:plain

バスはアジアにありがちな寝台バスです。1+2列ですが、ガラガラなので1人で2列使えました。快適。

5日目:プノンペン散策~所持金1$以下~

 

2017.08.20-25 タイ・カンボジア旅行~前編:タイ~

今回は夏休みを利用してタイとカンボジアを巡ってきました。

 

(前編)8/20ドンムアン空港へ→8/21 バンコク観光

(後編)8/22 バスでカンボジア入り→8/23 アンコール遺跡→8/24 プノンペンぶらぶら→8/25 帰国

 6日間ですが半分くらい移動です。

 

1日目:旅のはじまりは関空から

f:id:takanaming:20170915212947j:plain

旅のはじまりはいつもこの構図ですね、今回は黄色が鮮やかなスクートです。

787で機材も新しく、快適なフライトでした。

ドンムアン空港には定刻で到着。機体はそのままシンガポールまで飛んでいくそうです。タイは時差2hなのに同経度のシンガポールは1hなの面白い。

路線バスと高架鉄道を乗り継いでこの日はスクンビット周辺の安いホテルに泊まりました。

0時を過ぎてもちゃんとチェックインしてもらえました。

軽食ながら朝食があるのもおすすめ。ブルーベリーマフィンが美味しくて無限に食べてました。

 

2日目:バンコク観光とカンボジア大使館

翌朝、まずはカンボジア大使館にビザを取りに行きます。

ホテルからバイクタクシーで約50バーツ。

配車アプリ「Grab」が大活躍でした。

f:id:takanaming:20170915212930j:plain

途中、思いっきり逆走してました。東南アジアのバイクは自由すぎ。

命の危険を少し感じつつ大使館に到着。用紙を書いて申請したのですが、「夕方取りにこい」とのこと。ごねても無理でした。

仕方がないので夕方まで軽く市内観光します。

f:id:takanaming:20170915212910j:plain

高架鉄道のサパーンタクシン駅近くの乗り場からチャオプラヤ川の旅をスタート。

日本の汚い川ワースト3の大和川綾瀬川鶴見川が束になっても敵わない、クソきたな川です。まあ工業廃水とかじゃなくて泥水だとは思うのですが…。

観光スポットはこの川沿いに集中しているので、水上バスのチャオプラヤエクスプレスはめっちゃ便利です。

まずはシリラート博物館。日本のガイドブックくらいにしか載っていないと言われるマニアックスポットです。

東南アジア最大ともいわれる(by wikipedia)シリラート病院に併設されたこの博物館はホルマリン漬けの赤ちゃんやミイラ、スライスされた人体などなど日本ではなかなか見られない展示をしています。

発生異常の胎児の展示が面白かったです。こういうのに興味がないとしんどそう。

入るまでに病院内でわりと迷子になり図らずも病院内も見学してしまったのですが、タイの病院で働くのもありかもしれないなって思いました。言葉のハードル高いですけど。

帰りは敷地裏に船着き場を発見したのでそのまま水上バスに乗ります。

そのあとは大定番、ワットアルン・ワットポー・ワットプラケオを早足で見てカンボジア大使館へ。

ここで問題発生。バンコクの渋滞をなめてました。

パスポートの受け取りは17時までだったのですが到着したのは17時半。

パスポートごと預けているのでとりあえず受付で交渉。

お兄さん「そこに書いてあるでしょ、17時までだよ」

僕「あした出発しなきゃいけないんだけど」

お兄さん「んーちょっと待ってて」

→別のお兄さん登場、中に呼ばれて無事受け取り完了。話してみるもんですね、、

そういえば申請の時も写真のサイズが小さかったので「もっと大きいのないの」って聞かれましたが「ない」「あ、そう」で終わり。ガバガバでほんとよかった。

ここから駅までのバイクタクシーはヘルメット貸してくれませんでした。さすがにこんなところで頭蓋骨骨折なんてしたくないので、ひたすら「事故ったら転がって頭を守る…」ってイメトレし続けてました。

翌日はカオサンロードからバスが出るので、この日もその周辺で宿泊。

噂通り、カオサンロードは陽気な西洋人でカオス状態でした。

3日目:タイからカンボジアへ、ひたすら平原。

この日はアンコールワットのあるシェムリアップまでバスで移動します。

f:id:takanaming:20170922205023j:plain

 利用したのはGiant Ibis社。transport社と並んで安心なバス会社です。

途中のSAみたいなところで休憩し、バンコクから約4時間で国境の街ポイペトに到着です。

f:id:takanaming:20170922205433j:plain

タイ側のイミグレを過ぎて、奥がカンボジア。タイは日本同様左側通行ですがカンボジアは右側通行なので、途中で切り替わります。なかなか新鮮。

ボロいプレハブ小屋で入国審査を終え、バスは再び出発します。

f:id:takanaming:20170922210120j:plain

バスでもらったチャーハン。

f:id:takanaming:20170922210114j:plain

カンボジアに入ってからも道はかなり良く、快適でした。景色はどこまでも平原が広がっています。

そして出発から約9時間、17時にシェムリアップ到着。

f:id:takanaming:20170922210130j:plain

日本語堪能なオーナーがいるゲストハウス、「イキイキGH」にチェックイン後、パブストリートへ向かいます。

外国人が多く、観光地っぽさもありますが、屋台などもあり安くご飯がいただけます。あとビールがタイよりさらに安い。写真のビールで1$(これでも相場より高い)でした。

 

4日目からは後編に続きます。

 

2017.07.19-20 剣山

1泊2日で剣山登山&高知観光に行ってきました。

 

今回は車で。

f:id:takanaming:20170809010035j:plain

 

京都南→吹田→西宮→垂水→淡路島っていう定番ルートです。

 

愛媛の帰りに覚えた板野IC→藍住ICのバイパスを通って美馬で降りて登山口へ。4時間ちょいでした。

 

f:id:takanaming:20170809010900j:plain

登山口の神社。ちなみに剣山にはリフトがあるので、ショートカットもできます。

 

f:id:takanaming:20170809011029j:plain

途中。

 

いきなり雨が降りだしました。

 

山をなめてたのでレインコートの用意なし。つらかったです。

f:id:takanaming:20170809011126j:plain

なんとか頂上にたどり着きました。びしょびしょ、というか着衣水泳後のようです。

 

このあと稜線をてくてく歩く計画もあったのですが、景色が絶望的に期待できないのでさっさと下山しました。

 

帰りは来た道の続きを走って二重かずら橋、かずら橋近くを通って大豊ICから高知へ。

 

f:id:takanaming:20170809011457j:plain

高知と言えば、ひろめ市場。

 

8年ぶり2回目の高知なのでド定番を攻めます。

f:id:takanaming:20170809012524j:plain

インスタ女子。

明神丸のかつおの藁焼き、ばり美味しかったです。

 

-----------

さて翌朝。

f:id:takanaming:20170809012822j:plain

桂浜です。

完全に夏。高知が好きになりました。

 

そして日本三大鍾乳洞のひとつ、龍河洞へ。

f:id:takanaming:20170809013033j:plain

「写真では絶対に伝わらない感動が、そこにはある。」

って感じの雰囲気でした。過疎ってて他に誰もいなかったし。

 

f:id:takanaming:20170809013241j:plain

帰りはついでに高松に寄ってうどんバカ一代の釜バターうどん食べてきました。

 

 

-----

本州とつながっている香川・徳島・愛媛と違って行きにくさ倍増の高知県。ですが魅力あふれる楽しい旅行でした。国内旅行もやっぱりいいですね。

 

2017.07.07~09 ゆりあ生誕祭!松山遠征

こんばんは

 

ひめキュンフルーツ缶の定期公演を見に愛媛に行ってきました

 

現在神戸なんですけどまだまだ家が遠い。

 

------

行程はこんな感じ↓

7/7 オレンジフェリー臨時便で神戸→新居浜

7/8 新居浜→松山

・ひめキュン定期公演

・土曜夜市

7/9 神姫バスで松山→神戸

 

---------

 

大阪南港と東予港を結ぶオレンジフェリー。なんですが、ちょうどこの時検査で欠航してました。

六甲→新居浜港のドライバー向けフェリーが2時間繰り上げて代替便みたいな感じになってます。


f:id:takanaming:20170709211618j:image

積みこみ作業中。

 


f:id:takanaming:20170709211913j:image

この路線に就航してるオレンジホープは2等指定(雑魚寝みたいなの)がなく2等寝台と特別室のみ。

ただ2等寝台は大阪便のオレンジセブン、オレンジエイトと違って個室なので少しコスパ良さめです。

 

小さいながらこっちにも浴室あります。

 

 

-------

翌朝、05:50定時に新居浜港着。

行きもなんですけど、この船ドライバー向けなので徒歩乗船口がないので車両甲板からバスに乗って乗下船するかたちでした。

代替便としての徒歩客を配慮してか、新居浜駅までバスで送ってくれました。まあ3人でしたが。

 

新居浜駅に降ろされるも食べるところがすき家しかなく、すき家で朝食食べて特急バスで松山へ。

バスで圧倒的にショートカットなはずなのに予讃線鈍行と変わらず所要時間は2時間です。病院とかに毎回入り口まではいってるからかな。

 

9:30くらいに着いて、公演は12:30からなので商店街をひたすらぶらぶらしてゲーセンで時間つぶしてました。

 


f:id:takanaming:20170709213009j:image

キティホールです。

 


f:id:takanaming:20170709213031j:image

ひめキュンフルーツ缶のメンバー、菊原結里亜の20歳の生誕祭です。

最後の生誕祭、最後の定期公演。

全然湿っぽくなるわけでもなくいつも通りで楽しい公演でした。

 

 

いちどホテルに荷物をおいて今度は土曜夜市へ。


f:id:takanaming:20170709213252j:image

松山じゅうの人が集まってるんじゃないかと思うほどひたすら人だらけ。

そんな中でやる土曜夜市のひめキュンステージ、最高でした。ミスで同じ曲2曲やったり。

 

ひめキュンフルーツ缶、だいたい毎年土曜夜市でステージやってるんですが、やっと見れました。

妹分ユニットとかのアイドルもオフモードで見に来てたし地元感がすごい。

 

夜は松山在住のひめキュンファンの方にご飯連れて行ってもらいました。

 

 

-------

翌朝、とくにすることもないので銀天街タリーズでパソコンしてました。

 

 


f:id:takanaming:20170709213812j:image

昔とバージョンが変わってる。



f:id:takanaming:20170709214116j:image
鯛めし食べて


f:id:takanaming:20170709213742j:image

セブンイレブン一番くじ引いたらあたった一番搾り飲みながら関西に帰ります。

 

もともとひめキュン推し始めた5年くらい前ってまだ四国にセブンイレブンなかったんですよね。それが今では至るところにあって、県民が当然のようにナナコカードを持っている。。。時の流れを感じました。

 


f:id:takanaming:20170709214654j:image

吉野川SAにて。

 

------

こうやって書くとヲタクの遠征ってライブ見る以外全然何もしてないのがまるわかりですね(笑)

 

 

 

まあ何度も行ってたらこうなるか