たかなみんぐ旅れぽ

いわゆる旅行記です。ときどき無関係な雑記が混ざるかも。

2017.07.07~09 ゆりあ生誕祭!松山遠征

こんばんは

 

ひめキュンフルーツ缶の定期公演を見に愛媛に行ってきました

 

現在神戸なんですけどまだまだ家が遠い。

 

------

行程はこんな感じ↓

7/7 オレンジフェリー臨時便で神戸→新居浜

7/8 新居浜→松山

・ひめキュン定期公演

・土曜夜市

7/9 神姫バスで松山→神戸

 

---------

 

大阪南港と東予港を結ぶオレンジフェリー。なんですが、ちょうどこの時検査で欠航してました。

六甲→新居浜港のドライバー向けフェリーが2時間繰り上げて代替便みたいな感じになってます。


f:id:takanaming:20170709211618j:image

積みこみ作業中。

 


f:id:takanaming:20170709211913j:image

この路線に就航してるオレンジホープは2等指定(雑魚寝みたいなの)がなく2等寝台と特別室のみ。

ただ2等寝台は大阪便のオレンジセブン、オレンジエイトと違って個室なので少しコスパ良さめです。

 

小さいながらこっちにも浴室あります。

 

 

-------

翌朝、05:50定時に新居浜港着。

行きもなんですけど、この船ドライバー向けなので徒歩乗船口がないので車両甲板からバスに乗って乗下船するかたちでした。

代替便としての徒歩客を配慮してか、新居浜駅までバスで送ってくれました。まあ3人でしたが。

 

新居浜駅に降ろされるも食べるところがすき家しかなく、すき家で朝食食べて特急バスで松山へ。

バスで圧倒的にショートカットなはずなのに予讃線鈍行と変わらず所要時間は2時間です。病院とかに毎回入り口まではいってるからかな。

 

9:30くらいに着いて、公演は12:30からなので商店街をひたすらぶらぶらしてゲーセンで時間つぶしてました。

 


f:id:takanaming:20170709213009j:image

キティホールです。

 


f:id:takanaming:20170709213031j:image

ひめキュンフルーツ缶のメンバー、菊原結里亜の20歳の生誕祭です。

最後の生誕祭、最後の定期公演。

全然湿っぽくなるわけでもなくいつも通りで楽しい公演でした。

 

 

いちどホテルに荷物をおいて今度は土曜夜市へ。


f:id:takanaming:20170709213252j:image

松山じゅうの人が集まってるんじゃないかと思うほどひたすら人だらけ。

そんな中でやる土曜夜市のひめキュンステージ、最高でした。ミスで同じ曲2曲やったり。

 

ひめキュンフルーツ缶、だいたい毎年土曜夜市でステージやってるんですが、やっと見れました。

妹分ユニットとかのアイドルもオフモードで見に来てたし地元感がすごい。

 

夜は松山在住のひめキュンファンの方にご飯連れて行ってもらいました。

 

 

-------

翌朝、とくにすることもないので銀天街タリーズでパソコンしてました。

 

 


f:id:takanaming:20170709213812j:image

昔とバージョンが変わってる。



f:id:takanaming:20170709214116j:image
鯛めし食べて


f:id:takanaming:20170709213742j:image

セブンイレブン一番くじ引いたらあたった一番搾り飲みながら関西に帰ります。

 

もともとひめキュン推し始めた5年くらい前ってまだ四国にセブンイレブンなかったんですよね。それが今では至るところにあって、県民が当然のようにナナコカードを持っている。。。時の流れを感じました。

 


f:id:takanaming:20170709214654j:image

吉野川SAにて。

 

------

こうやって書くとヲタクの遠征ってライブ見る以外全然何もしてないのがまるわかりですね(笑)

 

 

 

まあ何度も行ってたらこうなるか

 

 

 

 

 

2016.11.23~11.26 初台湾

久しぶりに記事書きます。

6月にまた台湾いくことになったので、記憶が混ざらないうちに…

 

行程としては、

11/23 Jetstar 3K724便 KIX12:25→TPE14:25

國王大飯店3泊

11/26 Jetstar 3K721便 TPE12:40→KIX16:30って感じです。

-------------------------------------

 

関空のチェックインカウンターは結構な混雑。この便、台湾を経由してシンガポールまで行くらしくて大きな荷物を持った東南アジア人っぽい人もたくさんいました。

 

少し早着で桃園空港に到着。あいにくの雨でした。

f:id:takanaming:20170523235512j:plain

あとめちゃくちゃ暑い。

 

せっかくなので、高鐵桃園駅から2駅だけ台湾高鐵(新幹線)に乗ることにしました。

当時はまだMRTが開通してなかったんですよねー。

思ったよりなかなかバスが来なくてタイムロス。いちおう高速を走るからか、着席定員で締め切られてました。

 

桃園から台北までは$155(自由席)。普通に安くないですか?


すぐ電車が来てしまって自由席の位置がわからず、20分立ってました。てか本当に700系みたいで、車内放送が中国語っていうことに違和感を感じるほど。

 

f:id:takanaming:20170524000135j:plain

そんな感じで台北駅到着。

 

MRTに乗り換え、國王大飯店に向かいます。

 

f:id:takanaming:20170524000231j:plain

中山駅から徒歩10分くらい。台北駅からも20分弱です。HISでおすすめしているからか、日本人客が多く、フロントでも半分くらい日本語対応してくれました。あとコンセントもそのまま使えます。

 

f:id:takanaming:20170524001251j:plain

まずは小籠包。

世界的に有名な鼎泰豊、ではなく京鼎楼です。近かったので。

 

ただこのお店、鼎泰豊で修業したシェフがやっているので実質鼎泰豊。

 

日本にも出店してますが、台湾ではリーズナブルに小籠包が食べれます。写真のは烏龍茶小籠包で、10個$220(700円くらい)。まあ台湾にしては高いですが、日本だと平気で3個600円とか言ってきますしね。

 

なぜか通り道にあったトイザらスを一周みたあと、近くの遼寧街夜市へ。

ガイドブックに載ってたので行ってみたわけですが、1ブロックに飲食店が並んでる程度で、これで終わり?感がすごかったです。観光客は少なめ。

f:id:takanaming:20170524002445j:plain

歩いてたらよく分かんないおばちゃんに勧誘されて海鮮の店へ。店頭に魚とか貝とかいろいろあって、食べたいものと調理方法を言う感じ。値段もよく分からずにとりあえず2品注文。席についてからぼったくりの可能性を感じてビビってました。

 

結論からいうと相応の値段。というかボリュームを考えると普通に安いっていう。まあ味も普通でしたけどね。

 

もう入りたい店がなくなったので、饒河街夜市に移動。

f:id:takanaming:20170524002947j:plain

活気やば。

あとここでついに臭豆腐と対面しました。臭豆腐のにおいさえなければ最高の街だと思うんですけど。

 

f:id:takanaming:20170524003115j:plain

ここではかき氷、胡椒餅、変な串刺し肉(豚?)とか食べました。

いま考えるともっといろいろ挑戦しても良かった気が。。

 

とりあえず満腹になったのでホテルに帰ってマンゴービール飲みました。

 

-------------------------------------

 

2日目はホテルから歩いて行天宮へ。

f:id:takanaming:20170524003405j:plain

思った以上に敬虔な信者ばっかりで、みなさん三跪九叩をやってました。世界史で習ったやつ…!ってちょっとだけ感動しました。ちょっとだけ。

きちんとやり方を書いたボードもあった(丁寧に日本語つき)んですが日本人式のお祈りで済ませました。

 

次は歩いて10分くらいの雙連朝市へ。朝市といっても普通の市場で、果物とか野菜とかを売ってる露店が並んでる感じです。アジア感。

葱抓餅を買って食べてたら鳩が寄ってきました。日本と完全に同じ光景ですね。

f:id:takanaming:20170524004125j:plain

まったく同じ光景なのに20分くらい眺めてました。

 

地下鉄に乗って中正記念堂へ移動。

f:id:takanaming:20170524005107j:plainf:id:takanaming:20170524004652j:plain

階段を70段くらいのぼった先に蒋介石の像があります。さすが蒋介石。でかい。

 

でかさに圧倒された後は、国立台湾大学へ。いちおう旧帝大なので。

 

台湾では超エリートな大学らしいですが、やっぱり留学生はそんなにいなくてローカル感が強い。

女子寮に併設された学食で食べました。

f:id:takanaming:20170524005301j:plain

 てきとうに頼んだのですがけっきょくなんだかよくわからなかったです。

フードコートみたいな感じで多国籍な料理を楽しめる感じでした。日本の大学生協も頑張ってほしい。

 

すぐそばの師大夜市で割包を買い食い。なんの肉かわからないけど意外と臭みが強かったです。

f:id:takanaming:20170524005610j:plain

 

次は台北101周辺に移動。

念願のアイスモンスターです。(うまく撮れてない)

f:id:takanaming:20170524005850j:plain

かのグランフロント大阪店は毎日2時間待ちは当たり前という人気ぶりなのに、本家台湾のお店では待ち時間どころか先客が1組いただけでした。

f:id:takanaming:20170524010027j:plain

しかも日本の半額程度。テンションあがってガンガン食べてたわけですが、室内でこのサイズを食べるのはまあ限界ありますよね、途中から寒さと戦ってました。

 

f:id:takanaming:20170524010155j:plain

近くには日本より規模の大きなどんぐり共和国がありました。一緒に写真とればよかったな。。

 

台北101、いちおうのぼったんですが大したことない…。入場料高いのに。

ということで、高台にある夜景スポットに向かいます。

隣の駅、象山から歩いて10分くらい、象山歩道の入り口につきます。

f:id:takanaming:20170524010324j:plainf:id:takanaming:20170524010425j:plain

こんな感じの階段をひたすら15分くらいのぼっていくと絶景が待っています。

f:id:takanaming:20170524010812j:plain

はい、どーん。

やっぱりタワーを含めての夜景ですよね。

 

もちろん無料なので最高。わりと街灯も多くて安全な山道です。

途中、でかめの犬が飛び出してきて死ぬかと思った、なんてこともありましたが。

ちなみにリール無し飼い犬の散歩中で、ぜんぜん野犬じゃなかったです。

 

きょうの夜市は臨江街夜市です。

 

f:id:takanaming:20170524011254j:plain

四川風ラーメン?みたいなの食べたら花椒ききすぎて痺れました。

あんまり辛いのわからずに頼んだと思われたっぽくて、店員に大丈夫?ってめっちゃ心配されました。辛さは大丈夫なんだけど汗の量が大丈夫じゃない。

 

あと適当に買い食いした気がします。写真がないのが残念です。

 

----------------------

3日目はまず故宮博物院へ。

士林駅からバスで15分くらい。外国のバスって難易度高めなんですが、ここは故宮博物院に行く人が多いのでわりと安心です。

 

f:id:takanaming:20170524011833j:plain

遠い。

 

故宮博物院といえば白菜と角煮ですが、小さすぎてスルーしてしまうところでした。

ほかの常設展示は面白かったです。

f:id:takanaming:20170524011932j:plain

お昼は隣のレストラン。地下と3Fにレストランがあって、3Fは高級店、地下は庶民向け。庶民向けのわりにすごく美味しくて満足です。

 

ガイドブックの情報を信じて忠孝復興駅近くのバス停へ。

バス停が設置されているものの、乗り場はここからから移動したらしい、みたいなのを耳にしたのでちょいパニック。

ちょうど九份行きのバスが100m先くらいに止まったのが見えたのでダッシュで移動してなんとかなりましたが、けっきょく乗り場はよくわかんないですね。

 

f:id:takanaming:20170524012941j:plain

1時間半くらいで九份に到着。雨が多いという前評判どおり雨でした。しかもまあまあの土砂降り。

 

人でごった返す商店街を抜け、疲れたのでお茶屋で休憩します。

f:id:takanaming:20170524013434j:plain

ガイドブックにのっている店は悉く満席だったので適当に入ったけどいい感じでした。

 

夕暮れまで待機して、いざ写真スポットへ。

f:id:takanaming:20170524013611j:plain

傘と混雑で全然撮れませんでしたー。

 

一瞬止まって写真とってたら「ここで立ち止まるとかありえないよなー」って後ろから日本語が聞こえてきました。つら。てかやっぱり日本人がめちゃくちゃ多かったです。

 

帰りのバスは九份周辺の渋滞(たぶん道の構造のせい)で全然来ないし、下流のバス停で待っていたせいでなかなか乗れず。

瑞芳駅までバスであとは電車で行こうと思っていたのですが、ちょうど台北行きのバスが来て「瑞芳、ノー。」と言われてしまったので台北まで。

経由しないのかと思ったけど、めっちゃ瑞芳駅で人降りてるし…。まあ座れたのでおっけーです。

f:id:takanaming:20170524013843j:plain

最終日の夜なので士林夜市へ。活気がある、というかひたすら混んでますね。

今日もいろいろ食べました。食べてばっかりすぎる。

 

--------------------

最終日、再び台湾高鐵です。今度は自由席、並びました。

f:id:takanaming:20170524014423j:plain

案内図まで同じっていう。

 

MRT開通で台北駅から1本でいくことになりそうですが、MRT空港線は高鐵桃園駅も通るのでわりと便利ですし、機会があればまた高鐵乗りたいです。

 

関空についたあとは寿司食べました。

f:id:takanaming:20170524014911j:plain

やっぱ生食は最高ですね。

ちなみにこのあとスターフライヤーで横浜の実家に帰りました。国内線のセキュリティーの緩さ、ギャップで頭が変になりそうです。

 

台湾、食べ物安いし美味しいし、また行きたいです。

まあ、来月行くんですが。

2017.02.04-05 広島冬の味覚めぐり

今回は1泊2日の広島旅行です。

 

(安いツアーなので)ひかり495号で広島へ。

f:id:takanaming:20170206141534j:plain

姫路で15分停車。いくら加速が良くてもね…まあ飲み物買えたからいいけど。

 

 

まずは宮島へ。

f:id:takanaming:20170206141646j:plain

なんかこの感じ、北京にありそう。

 

f:id:takanaming:20170206141846j:plain

厳島神社

 

中には初めて入りました。小潮だったし時間も微妙でなんか微妙でした(ボキャ貧)

 

 

ロープウェイがまさかの長期運休だったので弥山まで歩いてのぼりました。

 

ひたすら石段で、距離的にも比較的のぼりやすい。

f:id:takanaming:20170206142015j:plain

山頂ちょい手前。(僕では)ないです

 

f:id:takanaming:20170206142059j:plain

山頂は巨大な石がごろごろしてて、さながら古代遺跡でした。

 

そして山頂展望台、どーん

f:id:takanaming:20170206142118j:plain

広島市内や瀬戸内海の島が一望できて感動。感動しすぎて写真撮り忘れました。

 

下山ももちろん徒歩で。意外とふつうの恰好でのぼってる人も多かったです。山ガールじゃなくてただのガール。

 

広電で市内に戻って原爆ドームへ。

f:id:takanaming:20170206142254j:plain

f:id:takanaming:20170206142336j:plain

夕陽がいい感じになっていい感じでした。言葉にできないですよね、こーいうの。

 

お腹もすいてきたので、陽気(ラーメン)→みっちゃん総本店(お好み焼き)→辛部(つけ麺)っていう広島有名店の3部回し。全部炭水化物っていう。

f:id:takanaming:20170206142358j:plain

f:id:takanaming:20170206142403j:plain

辛部、辛さが0~30まで選べるので適当に12選んだら絶妙でした。

 

今回泊まった三井ガーデンホテル広島は中心部すぎて、この3店全部徒歩圏内だしなんなら原爆ドーム広島市民球場跡も徒歩圏内でした。最強。

f:id:takanaming:20170206142437j:plain

部屋(きたない

 

------------------------------------------------------------------------

翌日は、偶然見つけた「ひろしまフードスタジアム 広島大牡蠣祭り」へ。広島市民球場跡でやってました。

f:id:takanaming:20170206141807j:plain

このイベントの目玉はなんといっても2万人分の巨大牡蠣鍋だそうで、1杯200円で食べられます。

f:id:takanaming:20170206142602j:plain

ほかにもめちゃくちゃ出店があって、しかもそこまで混んでないので良かったです、はい。

f:id:takanaming:20170206142640j:plain

かきめし(350円)

 

ほかにもいろいろ食べておなかいっぱいになってきたので、昨日はいけなかった平和記念資料館へ。ここだけ外国人めっちゃいました。

たった70年ほど前に起こったことが強烈なリアリティとともに伝わってきます。

f:id:takanaming:20170206142657j:plain

平和記念資料館から望む記念公園。シンプルなのがすごく好きです。

 

 

思ってた以上に内容が濃くて呉に行く時間がなくなってしまったので、宇品のほうのカキ小屋へ。

 

 

f:id:takanaming:20170206142710j:plain

「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」。3時近いし空いてると思ったけどけっこう並んでました。20分くらいで入れたかな。ちなみに3時半くらいには並ばずにはいれる感じになってました。

 

カキ、1kg1000円。ほかにもホタテとかサザエとかも買えます。肉も。

 

でも初志貫徹、カキだけ大量購入。ちなみに飲み物等の持ち込みは不可で、自販機でビールとかペットボトル飲料とか買えます。

 

oyster&beer、最高すぎる。

f:id:takanaming:20170206142713j:plain

f:id:takanaming:20170206142721j:plain

 

 

 

 

広電で30分、広島駅から新幹線で帰りました。のぞみ、はや。

 

 

 

2016.01.22-24 さよならはまなす北海道旅行-後編-

前回の記事(2016.01.22-24 さよならはまなす北海道旅行-前編-)の続きです。

 

寝台はどうしても取れず、ドリームカーに乗車しました。

指定席も発売数日で売り切れる状況が続いていたようですが、自由席はまさかのガラガラ。1人4席確保も可能な勢いで、なんだかなあという感じです。

f:id:takanaming:20170118001237j:plain

f:id:takanaming:20170118001230j:plain

f:id:takanaming:20170118001203j:plain

汚れが目立ち、前世代的な印象を受けてしまいました。人気がないからか、それともこのせいで人気がないのか。難しいですね。

 

f:id:takanaming:20170118001214j:plain

函館駅での機関車付け替えも見学。深夜1時の函館、寒すぎる。

 

f:id:takanaming:20170117235433j:plain

札幌に定時到着後、小樽に向かいました。

f:id:takanaming:20170117235507j:plain

雪の小樽運河、荘厳の一言に尽きる。小樽は以上です。

 

f:id:takanaming:20170117235517j:plain

札幌に戻って市内観光。旧庁舎も夏に見るより一段と風情があって素敵。

f:id:takanaming:20170117235520j:plain

大通り公園では2週間後の雪まつりに向けて目下作成中でした。てかこの作業、自衛隊がやるんですね。

開催前の貴重な姿を見れてよかったです(ポジティブ)。

 

f:id:takanaming:20170117235529j:plain

最後にスープカレー。札幌駅近くの高架下にある、hirihiriというお店です。おいしい。

 

翌日からの試験の結果がどうだったかは、、、思い出したくもないです

 


 

今回の計画を書いた紙です。無計画感がすごい。

f:id:takanaming:20170117235534j:plain

 

 

2016.01.22-24 さよならはまなす北海道旅行-前編-

もう1年近く前になりますけど、北海道新幹線開業に伴って廃止された急行はまなす号に乗車するため1月に北海道に行ってきました。

今回はそのレポートをお届けしたいと思います。


 

出発は関西国際空港から。

f:id:takanaming:20170117235418j:plain

Jetstarはフルサービスキャリアと同じ第1ターミナルからの出発でボーディングブリージも使ってくれるので便利です。

f:id:takanaming:20170117235409j:plain

出発して数分後、関西空港が見えました。

 

2時間ほどで新千歳空港に到着。

f:id:takanaming:20170117235425j:plain

新千歳空港駅で出発を待つ789系スーパーカムイ。この光景も昨年度のダイヤ改正で見れなくなったもののひとつですね。。。

 

f:id:takanaming:20170118000643j:plain

 さっそく北海道限定いろはす、飲みました。まあ、普通に北海道物産館とかで売ってるけど。

 

南千歳から北斗に乗り換え、函館到着。

f:id:takanaming:20170118000849j:plain

函館名物ラッキーピエロ。函館スノーバーガーはバーガー頼んだだけなのにサイドメニュー付きでちゃんと「お食事」です。

 

この日泊まったのは函館駅から歩いて7分のホテル、プロモート函館です。きれいで安くていい感じに寝れました。


 

翌日は函館観光を。

f:id:takanaming:20170118001953j:plain

まずは定番の赤レンガ。雪景色が映える!

f:id:takanaming:20170118000939j:plain

ニホンザルが温泉に入ってるところが見られるということで、湯の川駅から歩いて函館市植物園にも行きました。

当然寒いので、ほとんどみんな温泉に浸かってました。エサをあげても温泉に入りながら手を伸ばし、届かなかったらあきらめるっていう。

 

 

さて、ここからは函館山登山です。検索してもあんまり情報が出てこなくて不安だったんですけど、雪道が整備されてて(明るいうちなら)問題なく登れる感じでした。

f:id:takanaming:20170118000949j:plain

ロープウェイ乗り場から少し歩いたところにある、函館護国神社(写真はその鳥居です)の境内を通り抜け、函館山ふれあいセンターに登山道の入り口はあります。

このサイトの地図の「旧登山道」でのぼりました。だいたい1時間くらいですかね。

f:id:takanaming:20170118001001j:plain

冬でも整備しているのか、こんな感じで一本道が続くので迷うこともありません。

f:id:takanaming:20170118001018j:plain

なんとか明るいうちに到着できました。

f:id:takanaming:20170118001055j:plain

街のオレンジの光とか、絶対長崎よりきれいだと思うんですけどね(日本三大夜景は函館派)

f:id:takanaming:20170118001117j:plain

帰りはロープウェイで。山麓駅の近くの八幡坂も幻想的でした。何回か滑って死にかけましたけども。。

 

f:id:takanaming:20170118001132j:plain

そしてはまなすに乗車するため、いったん青森へ向かいます。函館駅のこの光景ももう見られないんですね…。かなしい。

 

長くなってきたので、青森駅から先の行程は次の記事にします><

takanaming.hatenablog.jp

2017/01/09 舞鶴ショートトリップ

今回は舞鶴へ。1回分残ってた18きっぷを使います。

 

山陰線の一番列車で京都駅を出発。なぜそんな早く出たかというと…

f:id:takanaming:20170114142626j:plain

 

そう、京都丹後鉄道特急「丹後の海」に乗るためです。タンゴディスカバリーをあの水戸岡プロデュースでリニューアルした車両。

 

f:id:takanaming:20170114142654j:plain

車内はこんな感じ。そろそろ量産型みたいになってきている気も…(?)

 

早朝には快速大江山1号の運用に入るので7時半の福知山駅に来たってことです。

乗客はほとんどいないし、ソファー席が快適すぎる~。

 

宮津駅に到着し、日本海を見たり、西舞鶴から来たあおまつ号を見たり。こっちはけっこう人乗ってました。

あおまつ号の車内、既視感がすごいです。絶対九州でこういうやつ見た…

 

普通列車で西舞鶴に移動し、バスで海軍記念館(海軍記念館|まいづる観光ネット)へ。

f:id:takanaming:20170114142731j:plain

海軍記念館は海上自衛隊舞鶴地方総監部の中にあります。f:id:takanaming:20170114142733j:plain

なかはこんな感じ。なんか全体的に東郷平八郎を称える展示って印象を受けました。

 

f:id:takanaming:20170114142759j:plain

次は現役の護衛艦を見学。5隻くらい泊まってたかな。

f:id:takanaming:20170114142820j:plain

ミサイル護衛艦、いかにも強そうでした。実物の写真はなぜかないですが。

 

f:id:takanaming:20170114142828j:plain

お昼はやっぱり海軍カレー赤レンガパーク内で雰囲気いい感じです。カレーは思ってたのとちょっとちがったけど。

 

ごはんも食べたので次は引揚記念館にむかいます。

f:id:takanaming:20170114142839j:plain

一部の年齢層の方とって舞鶴は「引揚げの町」っていうイメージが強いらしいですね。

そういうイメージは全くなかったですけど、終戦後にも残り続けた深い傷のような部分考えさせられて興味深い展示でした。

f:id:takanaming:20170114142843j:plain

建物の裏にちょっとした高台があり、舞鶴クレインブリッジを見ることができます。

 

ここからはバスで東舞鶴に戻ります。

ちなみに、海軍記念館から赤レンガパークを経由して東舞鶴までは歩いてます。だいたい合計で30分くらい。引揚記念館を通るバスは1日数本なので綿密なプラン作成が必須です。

 

ということで東舞鶴駅に帰ってきました。福知山以来、やっと18きっぷが使えます。

小浜線に乗って30分、小浜駅に到着。

f:id:takanaming:20170114142930j:plain

オバマ大統領就任時にはわりと盛り上がっていた(っぽい)この町。I💛OBAMAって書いてある自販機も見かけました。でも駅前はけっこうシャッター街。。

直近の話題ですが北陸新幹線が小浜ルートに正式決定しましたね。現状だと小浜~京都は3時間弱かかるのが、開業したら20分くらいになるのだとか。開業したら。開業したら…どうなんだろうなあ。

 

f:id:takanaming:20170114142901j:plain

そんなことを考えながら徒歩15分、夕陽のビュースポット(らしい)マーメイドテラスに到着。

でも曇ってるし、そもそも太陽がすでに山のうしろにいる気がするのですが…?季節によるんですかね。

 

f:id:takanaming:20170114142913j:plain

ということで近くにあった御食国若狭おばま食文化館っていうところに行きます。

鯖街道に関する展示がほとんど。床面に大きく広がる鯖街道すごろく、なかなか位置関係が分かりやすいです。「京は遠くても十八里」、ふつうに遠いですよね(笑)

 

 

f:id:takanaming:20170114153935j:plain

 文明の象徴、鉄道を使って3時間ちょいで京都に帰ってきました。新快速は偉大。

あらためて京都の広さを感じました(小浜は福井県だけど)。


 

 

 京都

 

2017/01/01 富士山を拝みに

新年あけましておめでとうございます。

さっそく新年1発目、元日に富士山を拝んできました!!

 

中央線と富士急を乗り継いでたどり着いた富士山駅

駅ビルの屋上にのぼると、、、

 

どーーーーーーーーん

f:id:takanaming:20170114232451j:plain

神々しい…神々しすぎる。これは2017年いい年になりそうな気しかしないです(単純)

 

f:id:takanaming:20170114232522j:plain

再び電車に乗って2駅、河口湖駅のホームからも富士山が。延長運転のN'EXといい感じです。

 

f:id:takanaming:20170114232600j:plain

駅舎の裏に富士山。

f:id:takanaming:20170114232539j:plain

駅前の「ほうとう不動」。駅を降りてロータリーのすぐ反対側です。(見にくいのは富士山ではなく普通に太陽のせい)

 

f:id:takanaming:20170114232608j:plain

メインのメニューは「不動ほうとう」1種類のみ。¥1,080(税込)です。

おなかすきすぎて写真が下手くそっていう。

 

さてこの後は五重塔と富士山のコラボが美しい新倉山浅間公園にでも行こうかと思ってたんですが。

 

……

 

「3時以降は安いんですって」「あらまあ」「ちょうど3時過ぎじゃない!!!!!」

f:id:takanaming:20170114232625j:plain

…フジヤマに乗って富士山敬拝、続行です。

 

1時間半くらい並んでちょうど薄暗くなっていたので富士山+月+金星がそれはもう絶景でした。落下中じゃなかったら確実に撮影タイムなんですけどね。

高飛車、ええじゃないか(×2)で新年早々、訳わかんない声出しまくりました。

ちなみに夜、めちゃくちゃ寒いです。ええ。閉園の20時で-3℃だったとか。

 

 

f:id:takanaming:20170114232640j:plain

はい、楽しすぎて写真とるの完全に忘れてました。

富士急行富士急ハイランド駅側のエントランスです。門松が正月感醸し出してますね。

 

帰る時間にフジサン特急のような快適なものは走っていないようで、しかも中央線も各停運転になってしまったようで、新宿に着いたのは23時ごろ。

 

…元日って飲食店けっこう閉まってるんですね。。なんとかやってた油そば食べて帰宅しました。

 


 新宿11:02

↓中央線快速

高尾12:04/12:11

↓中央線

大月12:48/12:55

フジサン特急

富士山13:33

 

富士急ハイランド20:14

富士急行

大月21:05/21:12

↓中央線

高尾21:47/21:49

↓中央線

新宿22:46

 


 青春18きっぷ ¥2,300

富士急フリーきっぷ ¥2,600

不動ほうとう ¥1,080

富士急ハイランドナイトパス ¥3,400