たかなみんぐ旅れぽ

知らないことが多すぎる

寝台列車でサマルカンドからヒヴァへ!

こんにちは。

今回はサマルカンドからヒヴァまで列車とバスを使って移動した(移動日:2018/07/29夕〜30朝)のでそれについて書こうと思います。

サマルカンド駅 列車は18:52発だったので、泊まっていたB&Bバハディールを17:20頃出発。

レギスタン広場すぐ横なので3番バスで行けますが、あえて路面電車で行きました。

バス停で待ちたくなかったのと、バザールをもう一度見たかったからです。

バスも路面電車も1200スムで同じです。

10分歩いて出発まで5分待って25分くらいで到着。

18時に駅に来いと言われていたのでぴったり18時に着きましたが、荷物検査もX線通しただけで終わり、だいぶ暇でした。もう少し遅くてもよかったかも。

②列車 今回、2日前に駅に行ったらVIPしかあいていないと言われました。220000スムくらいだったかな、3300円くらいです。普通の2倍くらいしますが、たしかに豪華でした。

コンパートメントにはトイレ、シャワー、テレビ完備です。

シャワーは水圧が弱すぎて使い物にならず、テレビもウズベク語かロシア語の映画が流れていました。DVDを持っていれば流せるっぽかったです。しきりにジェスチャーで持ってないのか聞かれました。たぶん普通の旅行者は持ってこないと思うのですが。そもそもリージョンコードひっかかりそう。

夕食は同室の夫婦にパンとか鶏肉とか分けていただきました。旦那さんが同室の客で奥さんが部屋に入ってきたかたち。夜もそのままふたりで1つのベッドで寝てました。69スタイルで。

定刻にサマルカンドを出発し、途中いくつか停車して約5分遅れの7:05にはウルゲンチ駅に到着しました。 減速という概念がないのか、普通に走ってると思ったらいきなり停車して駅に着いてました。

ちなみに列車には食堂車も連結されていましたが、乗った車両が先頭だったので遠かったです。いちおうビールとかおつまみはあるよう。ちゃんとしたご飯もあるのかは確認してません。

ひたすら西に進むので夕焼けに向かう感じがすごくきれい。角度的に写真撮れなかったのが残念です。

③ヒヴァへ ウルゲンチ駅からは路線バスとトロリーバスを乗り継いで30km先のヒヴァへ向かいます。

駅前にはタクシーの客引きがたくさんいるので、人数が多ければ使うと楽かも。

朝7時でも交通量はあるので、駅前の道まで行って拾うと安くできそうです。

バス派の僕は19番バスでバザールへ。駅前には19番しか来ないっぽいです。そしてたくさん来ます。僕が行ったときは3台たまってて1台が出発するところでした。

2台目も10分経たずに席が埋まって出発。

10分でバザール前のバスターミナルに到着しました。

トロリーバス乗り場はバザールはさんで向かい側にあるので、バザールを突っ切ります。開店準備真っ最中でした。

レストランはそこそこあいてるっぽいので腹ごしらえもできそうです。

トロリーバスは出発まで20分くらい待ちました。