たかなみんぐ旅れぽ

知らないことが多すぎる ●

2017.10.21 新潟日本酒浴び旅行

今回は前から行きたいと思っていた新潟で日本酒飲んできました。
越乃shukura、ぽんしゅ館、そして回転寿司とひたすら日本酒飲みましたーーー

0日目、京都~富山まで

金曜日の夜、まずは京都駅からサンダーバードと新幹線を乗り継いで富山へ向かいます。
金夜のサンダーバード、ほぼ満席。

金沢駅では乗り換えに10分くらいあったので定番の写真を撮ります。

f:id:takanaming:20171023005447j:plain:w200
金沢駅のシンボル
頼まれて、ジャンプしてるカップルの写真撮ってたら時間ギリギリ。

金沢→富山なのでつるぎ乗りたかったですが、すぐ乗れるはくたかにしました。 

富山はアパホテル泊。

f:id:takanaming:20171023005739j:plain:w200
アパホテル富山
なぜかトリプルのめっちゃ広い部屋で最高でした。折り鶴なかったけど。

ホテルのエレベーターからは富山駅が望めます。

f:id:takanaming:20171023010700j:plain:w200
富山駅アパホテルより

富山~上越妙高3セクで旧北陸本線を行く

改装後の富山駅、はじめて来ました。路面電車がコンコースに乗り込んできててかっこいい。

3セクを乗り継いで上越妙高に向かいます。

f:id:takanaming:20171023011948j:plain:w200
泊からは気動車
そして、えちごツーデーパスを買うため糸魚川で降ります。
f:id:takanaming:20171023012049j:plain:w200
日本海
日本海に一番近い新幹線駅っていうよく分からんキャッチフレーズで売ってました。
f:id:takanaming:20171023012135j:plain:w200
日本海ひすいロード

上越妙高~越後湯沢、新潟県内を越乃shu*kura

直江津で乗り継いで上越妙高到着。2分で対面乗り換えを済ませ、あつい見送りを受けながら越乃shukura、出発です。

f:id:takanaming:20171023012242j:plain:w200
上越妙高駅員による見送り
車内ではジャズの生演奏がありました。
f:id:takanaming:20171023022027j:plain:w200
ジャズを聞きながら日本酒飲み比べ
5種類の日本酒がそれぞれ100~200円程度で買えます。
途中からは蔵元イベントとして日本酒の無料試飲もありました。こっちのほうが美味しかったっていう。

日本海に一番近い、でおなじみ青海川駅では5分停車します。

f:id:takanaming:20171023023613j:plain:w200
青海川駅
そして十日町駅に到着。着物美人が出迎えてくれました。めちゃくちゃ可愛かったしツーショット撮るの忘れたの残念すぎる。

十日町そばを食べたあと、越後湯沢に移動して日本酒風呂に入りました。普通の風呂にみえるけどすごく体があったまりました。

越後湯沢~新潟、現美新幹線に乗車

ここからは現美新幹線です。

f:id:takanaming:20171023024537j:plain:w200
現美新幹線
f:id:takanaming:20171023024547j:plain:w200
側面
片側には窓がなくて近未来感すごいです。
f:id:takanaming:20171023024554j:plain:w200
車内はこんな感じ
なかはこんな感じ。新幹線とは思えません。座席は少なくて機能性は皆無ですが。 40分で新潟着。ちゃんと青春時計のポスターがあって新潟来た感満載です。
f:id:takanaming:20171023024606j:plain:w200
青春時計

新潟駅、日本酒試飲と回転寿司

越後湯沢では時間がなかったので新潟駅のぽんしゅ館で試飲。ワイン風味の日本酒美味しかったです。

f:id:takanaming:20171023024612j:plain:w200
新潟駅のぽんしゅ館

夜は回転寿司へ。ちゃんと新潟限定の日本酒を4種類も置いててさすが日本酒王国でした。

そして最終の新幹線で東京に帰ります。

f:id:takanaming:20171109121559j:plain:w200
最終 東京行
東海道新幹線とは違って旅情があるからか、最終だからか分からないですけど「東京」の表示、鬼エモい。
新潟駅の外観とか途中駅も含めて駅の構造とか東北新幹線と同じ雰囲気で、どこか東海道とは違う。なんでですかね。

翌日、東海道新幹線が台風21号の影響で運休して京都に戻れなくなったのはご愛嬌ということで、、