たかなみんぐ旅れぽ

いわゆる旅行記です。ときどき無関係な雑記が混ざるかも。

2017.08.20-25 アンコールワット

今回は夏休みを利用してタイとカンボジアを巡ってきました。

5泊6日とは言うものの、行き帰りと中1日はほぼ移動だけなので実質3日くらいです。。

 

行程

行程はこんな感じ。

8/20 夕方KIX出発→夜ドンムアン空港到着(スクート)、バンコク

8/21 1日バンコク観光、バンコク

8/22 朝バンコク発→国境を越えて夕方シェムリアップ着、シェムリアップ

8/23 1日アンコールワット見学、夜行バスでプノンペン

8/24 早朝プノンペン着、夜にプノンペンドンムアン空港(エアアジア)、ドンムアン泊

8/25 朝ドンムアン空港出発→夕方KIX到着(スクート)

 

1日目:旅のはじまりは関空から

f:id:takanaming:20170915212947j:plain

旅のはじまりはいつもこの構図ですね、今回は黄色が鮮やかなスクートです。

787で機材も新しく、快適なフライトでした。

ドンムアン空港には定刻で到着。機体はそのままシンガポールまで飛んでいくそうです。タイは時差2hなのに同経度のシンガポールは1hなの面白い。

路線バスと高架鉄道を乗り継いでこの日はスクンビット周辺の安いホテルに泊まりました。

チェックイン前にグリーンカレーを食べていたら辛すぎて0時を過ぎてしまいましたが、しっかりチェックインに対応してもらえました。

軽食ながら朝食があるのもおすすめ。ブルーベリーマフィンが美味しくて無限に食べてました。

 

2日目:バンコク観光とカンボジア大使館

翌朝、まずはカンボジア大使館にビザを取りに行きます。

 

事前に国内で取得すると大体4000円、国境や空港で取得するなら30$。在タイのカンボジア大使館では1200バーツです。

けっきょくは為替で損得は変わりますが、タイで取るのはおすすめしないです(体験談)

今回はバスでカンボジア入りするのですが、1500バーツでバス会社が代理で取得してくれます。ネット上には「暗に賄賂を要求される」とか「トラブルの元になる」とか不安になる情報が散在しており、チキった次第であります。

まあ安いツアーバスとかだと分からないですが、利用したバス会社は誠実(?)だったのでまわりの乗客を見る限り問題なく取得できていたようです。

しかもカンボジア大使館が駅から遠いので、交通費を考えるとこっちのほうが安上がりという。

 

、ということを当時の僕に教えたい。。

 

もちろんそんなことは知らないので、朝からカンボジア大使館に向かいました。

ホテルからバイクタクシーで約50バーツ。

配車アプリ「Grab」が大活躍でした。

f:id:takanaming:20170915212930j:plain

途中、思いっきり逆走してました。東南アジアのバイクは自由すぎ。

命の危険を少し感じつつ大使館に着いて申請したのですが、「夕方取りにこい」とのこと。ごねても無理でした。

仕方がないので夕方まで軽く市内観光します。

f:id:takanaming:20170915212910j:plain

高架鉄道のサパーンタクシン駅近くの乗り場からチャオプラヤ川の旅をスタート。

日本の汚い川ワースト3の大和川綾瀬川鶴見川が束になっても敵わない、クソきたな川です。まあ工業廃水とかじゃなくて泥水だとは思うのですが…。

観光スポットはこの川沿いに集中しているので、水上バスのチャオプラヤエクスプレスはめっちゃ便利です。

まずはシリラート博物館。日本のガイドブックくらいにしか載っていないと言われるマニアックスポットです。

東南アジア最大ともいわれる(by wikipedia)シリラート病院に併設されたこの博物館はホルマリン漬けの赤ちゃんやミイラ、スライスされた人体などなど日本ではなかなか見られない展示をしています。

さいきん発生学を(追試で)勉強したので発生異常の胎児の展示は面白かったです。こういうのに興味がないとしんどそう。

入るまでに病院内でわりと迷子になり図らずも病院内も見学してしまったのですが、タイの病院で働くのもありかもしれないなって思いました。言葉のハードル高いですけど。

帰りは敷地裏に船着き場を発見したのでそのまま水上バスに乗ります。

そのあとは大定番、ワットアルン・ワットポー・ワットプラケオを早足で見てカンボジア大使館へ。

ここで問題発生。バンコクの渋滞をなめてました。パスポートの受け取りは17時までだったのですが到着したのは17時半。

パスポートごと預けているのでとりあえず受付で交渉。

お兄さん「そこに書いてあるでしょ、17時までだよ」

僕「あした出発しなきゃいけないんだけど」

お兄さん「んーちょっと待ってて」

→別のお兄さん登場、中に呼ばれて無事受け取り完了。

結論、ゴネ勝ちでした。

そういえば申請の時も写真のサイズが小さかったので「もっと大きいのないの」って聞かれましたが「ない」「あ、そう」で終わり。ガバガバでほんとよかった。

ここから駅までのバイクタクシーはヘルメット貸してくれませんでした。さすがにこんなところで頭蓋骨骨折なんてしたくないので、ひたすら「事故ったら転がって頭を守る…」ってイメトレし続けてました。

翌日はカオサンロードからバスが出るので、この日もその周辺で宿泊。

噂通り、カオサンロードは陽気な西洋人でカオス状態でした。

3日目:タイからカンボジア~ひたすら平原~

この日はアンコールワットのあるシェムリアップまでバスで移動します。

f:id:takanaming:20170922205023j:plain

 利用したのはGiant Ibis社。transport社と並んで安心なバス会社です。

途中のSAみたいなところで休憩し、バンコクから約4時間で国境の街ポイペトに到着です。

f:id:takanaming:20170922205433j:plain

タイ側のイミグレを過ぎて、奥がカンボジア。タイは日本同様左側通行ですがカンボジアは右側通行なので、途中で切り替わります。なかなか新鮮。

ボロいプレハブ小屋で入国審査を終え、バスは再び出発します。

f:id:takanaming:20170922210120j:plain

バスでもらったチャーハン。

f:id:takanaming:20170922210114j:plain

カンボジアに入ってからも道はかなり良く、快適でした。景色はどこまでも平原が広がっています。

そして出発から約9時間、17時にシェムリアップ到着。

f:id:takanaming:20170922210130j:plain

日本語堪能なオーナーがいるゲストハウス、「イキイキGH」にチェックイン後、パブストリートへ向かいます。

外国人が多く、観光地っぽさもありますが、屋台などもあり安くご飯がいただけます。あとビールがタイよりさらに安い。写真のビールで1$(これでも相場より高い)でした。

4日目:念願のアンコールワット

4日目はアンコール遺跡群の見学です。ビザと入場料がかなり高いので行く価値あるかな?と不安でしたが、行ってよかったと思います。

ゲストハウスの人に「アンコールワットの朝日が見たいよ」って言ったら、トゥクトゥクを用意してくれました。まさかの4時半起きですが。

f:id:takanaming:20170922212220j:plain

シルエットが美しい。

朝食を食べにゲストハウスにいったん戻り、一眠りして10時にふたたび出発です。

f:id:takanaming:20170922212600j:plain

f:id:takanaming:20170922212458j:plain

f:id:takanaming:20170922212524j:plain

写真フォルダがパンクしそうでした。

定番ルートは大体決まっているようで、近郊の遺跡をほぼ全部巡ってくれて満足です。でも歩き疲れた。。

夕方にゲストハウスに戻り、共有スペースでブラックジャックによろしくを読んで暇つぶし。カンボジアで読む医療漫画、深いですね。

20時くらいにゲストハウスを後にしますが、バスが23時に出発なのでパブストリートでブラブラ。

f:id:takanaming:20170922213133j:plain

最後はフルーツ盛り合わせでシェムリアップを締めくくります。奥のピータンみたいなやつがパッションフルーツですが、見た目に反して非常に美味しいです。機会があればまた食べたい。

f:id:takanaming:20170922213326j:plain

バスはアジアにありがちな寝台バスです。1+2列ですが、ガラガラなので1人で2列使えました。快適。

5日目:プノンペン散策~所持金1$以下~